宅建、実は女性の方が合格率は高い!?主婦はチャンス!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建士試験といえば、当然男性の受験生が多くなっています。

しかし、合格率だけでいうと女性の方が実は高いようです。

スポンサーリンク

なぜ?女性の方が合格率高い!?

全く私の勝手な推測ではありますが、以下の理由があるのではないかと思います。

まずは女性の方が時間が取れやすいということです。まぁもちろん例外の人もいるのかもしれませんが、専業主婦でお子さんもまだという方ならば、時間は取れるでしょう。

一方、男性はというと、働きながらという人がほとんどなので、時間が取れにくくなっているでしょう。

本職が忙しいと勉強時間もとれなくなりますし、予定が狂ってしまうことも多々あります。本職次第という点で、やはり専属とは合格率も当然変わってきます。

そして、ここからはかなり私の身勝手な偏見かもしれませんが、

女性の方が、自己管理能力が優れていることが多いからです。

しっかり者=女というイメージです。男尊女卑の逆バージョンですが、周りにいる女性を見てもしっかりしている人が多いです。

これは、女性の方が精神年齢が高いから?

って思ってしまうほど私の中では顕著です。

まぁ、学生時代を振り返っても、しっかりとノートを取っていたのは女子が多かった気がします。

そして、それを借りて写していた卑怯者が私です(笑)

というわけで、ここまでのことはあくまでも私の推論です。

実際にどういう理由で合格率は高いのかはわかりません。数字で表れているということはやはり何らかの理由があるのでしょう。

私の推測もおおよそ当たっているのかもしれません。

専業主婦はチャンス!!

とにかく、このデータだけで言えば、女性の方はジャンジャン受けるべきということになります。

女性だから・・・・は逆にダメです。

特に専業主婦の方はチャンスです。

近年の女性の社会進出が多くなっています。

女は家を守るという考え方は古いです。

当然、宅建士の資格を持っていれば、就職にも有利になります。

何かの資格をとっておけば、なにかあったときに役に立ちます。そして比較的、取得しやすく、費用対効果も高い宅建士がオススメです。

ところで、女性って本当にすごいですよね。

赤ちゃんは産むわ、育てるわ、株は男性よりも向いてるらしいですし、女性の能力は高いんですね。

しかし、いくら女性でもノー勉強で合格できるほど、宅建士試験は甘くはありません。

なのでしっかりと勉強しましょう。

今回は女性の話でした。

では頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする